• facebook
  • instagram
  • マテルヴィテ・シャルドネ/2016

マテルヴィテ・シャルドネ/2016

テイスティング内容
フレッシュで丸みを帯びたグレープフルーツなどの香り。ほのかにアーモンドや花、石灰のニュアンス。
程良い酸味とミネラル感、ふくらみのあるリッチな果実味。余韻も程よくバランスに優れている。

ワイナリー詳細
マテルヴィテ

マテルヴィテはプーリア州の複数の生産者達が共同で経営しているワイナリーです。
ワイナリー名のMATERは「母」、VITAEは「生命」を意味します。
プーリアの土地の特徴が強く出た、暖かく、アロマたっぷりのワインを造ることを掲げており、妥協なきワイン作りを実践しています。

彼らの所有する畑はプーリアの北部のムルジャの丘にあります。
標高は400mと高く、典型的な地中海性気候で、雨量が少なく、夏は非常に暑く乾燥していますが、逆に冬は長く寒くて、北の方では雪も積もります。昼夜の寒暖の差も大きく、ブドウに華やかな香りと芳醇な果実味を与えてくれます。

ムルジャの土地の最大の特徴は固く石の多い石灰質土壌で、古代の海に生息した貝類と共にミネラル分が多く含まれています。ムルジャという名前も「ムレックス」という貝類を意味する言葉から由来しており、特に白ワインに特徴が色濃く反映され、ミネラル感と香りの深みとなっています。

白ブドウはシャルドネ、黒ブドウはネロディトロイアを栽培しており、シャルドネは、ムレックスの豊富なミネラルとふくよかさがしっかりと表現されており、トロピカルでジャスミンを思わせる華やかな香りと、南らしいボリュームのある果実味を持っています。

ネロディトロイアはジューシーな甘い果実味と綺麗な酸の上品さが両立され、外向的でバランスの良い出来栄えになっております。

やや重くなりがちな品種ですが、標高の高さを感じるエレガントな風味で、飲み疲れしない心地よさも兼ね備えています。
両方とも良心的な価格帯と確かなおいしさがあり、まさにプーリアらしいワインと言えるでしょう。

畑での作業はサステーナブル農法を採用しており、必要最低限の農薬以外は使用しません。
栽培効率化に偏った商業目的のワイン造りでは無く、土地の個性を尊重し、本来の姿を守る、という彼らの意思が感じられます。

こだわり
石灰質に僅かに粘土質が混じる土壌。海抜350~400mの好立地のシャルドネ100%。ステンレスタンクを用いたフレッシュなタイプだが、シャルドネらしいリッチな風味も感じる完成度の高い白ワイン。南のシャルドネでありながら、標高と地層に恵まれているおかげで、とてもボディの締まったバランスの良い味わいが魅力的です。

ヴィンテージ 2016
タイ プ
生産国/生産地 イタリア, プーリア州
ワイナリー/生産地域 マテルヴィテ
格付け IGT
ブドウ品種 シャルドネ100%
アルコール度数 12.5%
容量 750ml
マテルヴィテ・シャルドネ/2016
価格|PRICE ¥1,900
購入数: 個|UNIT
BACK
ページトップへ