• facebook
  • instagram
  • リスペット/2017

リスペット/2017

テイスティング内容
レモンピールやアカシア樽由来のスモーキーで落ち着いた雰囲気を感じます。
しっかりとした酸味と、皮からのボリューム。ややクリーミーな印象。旨味もしっかりと感じられ、飲み応えがあります。

ワイナリー詳細
リッチ・カルロ・ダニエーレ

ピエモンテ州のトルトーナ丘で主に栽培され、ヴァルテル・マッサによりその芳香性と上質な酸などブドウとしてのポテンシャルが世間に認められた品種ティモラッソ。その地葡萄を愛する1人であり、長期のマセラシオンを行ったアグレッシブなティモラッソの作り手であるのがこのリッチです。

リッチはアレッサンドリア県トルトーナの丘から10キロ少し南、標高260mに位置するコスタ・ヴェスコヴァートに畑とカンティーナを所有します。カンティーナは2部屋のみ開放しており、主に友人や親族中心にアグリツーリズムも行っています。

オーナーであるダニエレの哲学は自然のリズムに従う事です。3世代に渡り、無農薬栽培で受け継がれてきました。ビオロジックの認証も取得しています。ヴァルテル・マッサの影響を受け、20年前からティモラッソの栽培に着手し、醸造を行っています。
ティモラッソという品種はリースリングに通じる繊細で伸びやかな酸味があり、オイリーな風味と質感を持ちます。ティモラッソの栽培される畑では、石灰岩や石や岩がごろごろと含まれており、ティモラッソの硬質なミネラル感を生み出し、出来上がったワインからは凝縮間のある果実味と共にミネラル感が口の中で広がります。
リッチでは90日間にも及ぶ長期マセレーションを行ったティモラッソ「ジャッロ・ディ・コスタ」というワインもあり、長期熟成も可能なスケールの大きい仕上がりで、イタリアのテイスターの間でも評判となり注目を集めていく事になりました。
彼のワインの中ではやはりティモラッソが最も注目されますが、赤ワインもまたとてつもない出来栄えなのです。品種はバルベーラがメインでクロアティーナとネッッビオーロが栽培、醸造されています。リッチのバルベーラは親しみやすいそのイメージを覆す風格と複雑さを感じさせるレベルの高いワインを造ります。長期熟成も行われており、現行で2007年のしっかりと熟成したネッビーオロに負けないバルベーラも有ります。

また、クロアティーナにも高いこだわりを持っており、こちらは濃密でコクが強く、やや粘性を感じる個性的な果実味が魅力です。こちらも現行2008年と長期熟成可能なポテンシャルを感じる素晴らしいワインです。

リッチはティモラッソを中心にピエモンテの中でネッビオーロ以外の地場品種の可能性を提示する貴重な生産者の1人であり、常にチャレンジ精神を持っています。毎年そのブドウと向き合い、それまでの出来上がったワインを見て、醸造に変化を付けて味わいのさらなる向上を目指しています。
そんな自身のワインの話を本当に楽しそうに語る彼からは土地とワイナリー、そしてティモラッソへの愛情を深く感じました。
渾身のティモラッソとバルベーラを飲んで、その熱意を感じてください。

こだわり
ソーヴィニヨン主体にシャルドネとリースリングを加えたユニークなブレンド。発酵はステンレスタンクで野生酵母で行います。マセラシオンは24時間。その後アカシアの樽で4ヶ月熟成。ノンフィルターでボトリング後瓶内で最低6ヶ月間熟成してリリースされます。

ヴィンテージ 2017
タイ プ
生産国/生産地 イタリア,ピエモンテ州
ワイナリー/生産地域 リッチ・カルロ・ダニエーレ
ブドウ品種 ソーヴィニヨン
シャルドネ
アルコール度数 12%
容量 750ml
リスペット/2017
価格|PRICE ¥3,000
購入数: 個|UNIT
BACK
ページトップへ